デザイン

ヘルシンキ市のブランドやアイデンティティの形成に役立った「ヘルシンキ・デザインシステム(Helsinki Design System)」

「ヘルシンキ・デザインシステム(Helsinki Design System), HDS」は、ヘルシンキ市のデザイン言語をまとめた情報システムです。都市空間の魅力と機能性の向上、およびヘルシンキのブランドやアイデンティティの形成において、ヘルシンキはデザインを積極的に活用しており、HDSもその中心的なツールとなっています。本記事ではHDSに焦点を当て、その機能や活用方法について詳しく解説します。

READ|続きを読む

工業デザイナーは資本主義の経済システムの中でしか生きられないのか?

タイトル

筆者はデザインの高等教育を受け、現在インハウスデザイナーとして仕事をしていますが、もし資本主義が崩壊し、別の経済システムに変わったらどうなるのかと考えるようになりました。そこで本記事では、「工業デザイナーは資本主義の経済システムの中でしか生きられないのか。」について考えたいと思います。

READ|続きを読む

なぜ企業や行政はデザインシステム(Design System)を公開するのか?参考にすべき世界のデザインシステム14事例を紹介

インハウスデザイナーとして働く際、必ず考慮すべき課題は『企業のブランドを体現した一貫性のあるデザインをどう構築するか?』です。世界的にブランド力を持つ企業は、そのためにデザインシステム(Design System)を構築し、これを公開しています。本記事ではデザインシステムの概要と、世界のデザインシステム14事例を紹介します。

READ|続きを読む

ドイツ鉄道(Deutsche Bahn:DB)アプリを使った切符の買い方とUXデザイン

ドイツ鉄道(DB)はドイツを縦横無尽に走る国営の鉄道です。国際列車も運航しており、多くのビジネスおよび観光客がドイツ鉄道を利用しています。この記事ではDBアプリを使った切符の買い方を解説するとともに、デザイナーの視点でアプリの使い勝手(UX/UIデザイン)を検証したいと思います。

READ|続きを読む

オランダ国鉄(NS)アプリを使った切符の買い方とUXデザイン

オランダ国鉄(NS)はオランダを縦横無尽に走る国営の鉄道です。国際列車も運航しており、多くの観光客がオランダ国鉄を利用しています。この記事ではNSアプリを使った切符の買い方を解説するとともに、デザイナーの視点でアプリの使い勝手(UX/UIデザイン)を検証したいと思います。

READ|続きを読む

アムステルダム市営交通GVBアプリを使った切符の買い方とUXデザイン

アムステルダム市の地下鉄やバス、トラムを運行するGVBはアムステルダム観光で必ずと言っていいほど利用する乗り物です。GVBを利用する際には、アプリを使って切符を購入すると便利です。この記事ではGVBアプリを使った切符の買い方を解説するとともに、デザイナーの視点でアプリの使い勝手(UX/UIデザイン)を検証したいと思います。

READ|続きを読む

オランダ・アムステルダムの持続可能な水上コミュニティSchoonschip(スホーンスヒップ)に行ってみたら未来を見た

スホーンスヒップ(Schoonschip)は、2008年から始まったアムステルダムにある持続可能で緊密なコミュニティを構築するプロジェクトです。このプロジェクトは、住宅、エネルギー、水、廃棄物管理など、さまざまな側面で持続可能性を追求しています。本記事ではスホーンスヒップの概要とアクセス方法をご紹介します。

READ|続きを読む

世界の押しボタン式信号機のデザイン【オランダ・ドイツ・フィンランド編】

海外に行くと必ず目に留まるのは横断歩道と信号機です。どの国でも信号が押しボタン式やタッチ式のものがありますが、デザインはバラバラで、各国の個性が垣間見えます。本記事では、筆者が出張で渡航したドイツ、オランダ、フィンランドの三国のボタン式信号機について解説します。

READ|続きを読む